政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


15日、衆院平和安全法制特別委員会は法案の締めくくり質疑を行い、野党3党は審議継続を求めたが、浜田靖一委員長(自民)は審議打ち切りを宣言、野党が抗議の中、与党単独で採決し、可決された。安全保障政策の大転換となる同法案は16日の衆院本会議で可決し、参院に送られる予定。
野党5党は本会議での採決には応じない方針で一致した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">