政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


来る11月5日・6日の2日間、沖縄で、EI&SC(エコアイランド&サスティナブルコミュニティ)グローバルサミットが開催される。
英国・ワイト島、デンマーク・ボルンホルム島に続く第3回目は沖縄。持続的成長可能な都市開発・地域開発の実現に向けてさまざまなソリューションが提案されている。離島における再生可能エネルギーとスマートグリッドの導入は具体的な経済効果が比較的短期間に得られるため、世界各地で開発が進められている。
わが国でも政府主導による実証実験や企業プロジェクトが『離島モデル』と呼ばれ、サスティナブルコミュニティの開発が進められている。これら技術やライフスタイルは中小規模や自立性の高いコミュニティや住区にも十分適用可能だ。
これらの議論を内外の研究者200名ほどが集い、プレゼンテーションや論文発表を行う。後援は沖縄県、NEDO、スマートコミュニティアライアンスなど。事務局を日建設計総合研究所が務めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">