政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


「平成の薩長土肥連合」が発足

鹿児島、山口、高知、佐賀4県知事が盟約を締結
8月31日(月)、東京の明治記念館において、現在の鹿児島県(薩摩)、山口県(長州)、高知県(土佐)、佐賀県(肥前)の各県知事および観光団体代表者が一同に会し、平成30年(2018年)の明治維新150年に向けた、4県連携による広域観光プロジェクト「平成の薩長土肥連合」の発足を宣言する盟約締結式を実施した。
盟約締結式では初めに、鹿児島県の伊藤祐一郎知事、山口県の村岡嗣政知事、高知県の尾﨑正直知事、佐賀県の山口祥義知事が、各県観光の魅力を力強くアピールした。
続いて、4県知事による盟約書への署名が執り行われ、「平成の薩長土肥連合」設立が宣言されました。盟約締結式終了後は、記者会見が開催され、「平成の薩長土肥連合」の設立趣旨や、具体的な活動に関する活発な質疑応答が行われました。
またその後、4県知事による観光庁長官および内閣府副大臣への表敬訪問も行われた。
「平成の薩長土肥連合」は今後、広域観光ルート形成、観光プロモーション、共同イベント開催、旅行商品造成などに取り組み、明治維新150年に向けた観光需要の拡大を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">