政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


新たな金融サービスの潮流検討
産業・金融・ITを融合したイノベーション

福本課長

福本課長

経産省は、IoT・ビッグデータ・人工知能といった、最新IT技術を駆使した、革新的な金融サービスが新たな産業を生み出し始めた動きに対応し、フィンテック研究会(FinTech、産業・金融・IT融合に関する研究会)をスタートさせた。

近年、フィンテックと呼ばれる、ITを活用した革新的な金融サービスを提供するベンチャー企業が欧米やアジアに現れ始めている。流通など伝統的な金融業以外に、新たな金融サービスを提供する動きが世界中で見られ、新しい金融サービスに対するニーズが顕在化してきている。
このような産業構造全体の変革に対し、産業構造審議会新産業構造部会が設置され、議論を始めたところだが、このフィンテック研究会はその流れの目玉の1つである。フィンテックとは、フィナンスとテクノロジーを合成した造語。近年、ベンチャー企業が主役となりつつあり、代表的な企業では、スマホカード決済のSquare、決済・送金のPayPal、クラウド会計のXero,ビットコイン取引所のCoinbaseなど、新たなサービスで、金融の利便性・生産性を劇的に改善してきている。
研究会ではこのような状況を踏まえ、産業・金融・ITを融合したイノベーションや新たな産業、資金の流れが生み出される仕組みなど、世界の動きを把握しながら、今後の産業金融のあり方、政策上の課題、対応策を議論し、今年度内に報告書をまとめていく考えだ。
この事務局を務める同省経済産業政策局産業資金課長兼新規産業室長の福田拓也氏は「フィンテックに対しては、既存の金融機関の幹部の方が非常に危機感を持っておられます。また、ビジネスチャンスでもあり、研究会立ち上げ後から問い合わせが数多く寄せられてきています。この研究会には金融庁の方にもオブザーバーで参加して頂いている」と語る。
今後、議論していくテーマは①フィンテックは日本に新たな産業を生み出すのか、②フィンテックの台頭でどのような機会と脅威が生まれるのか、③企業の資金調達のあり方をどのように変えるか、④リスクマネーやリスクマネジメントの変化-などについて議論を深めていくという。
いずれにしても、経産省が新たな産業分野の研究に取り組み始めたわけで、まず「規制ありき」の報告書でないことは間違いない。またこの分野で遅れを取ると、日本のガラパゴス化が加速しかねない。「銀行の方に話をきくと、金融の仕組みを1から見直していきたいという印象が強い。ITを使ってどこを守り、どこを攻めうるのかに注目しているようだ」(福田氏)。一方、ベンチャー企業にとっては非常に面白い分野の市場が開かれてくるため、期待感が大きい。来年の報告書が楽しみだ。

世界ではフィンテックへの投資が1兆円を超えている

世界ではフィンテックへの投資が1兆円を超えている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">