政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


千葉県出身、日芸卒、二階派

林幹雄氏

林幹雄氏

10月7日、第三次安倍改造内閣で衆議院議員運営員長であった林幹雄(はやし・もとお)氏が経済産業・原子力経済被害担当大臣に就任した。
同氏は、1971年に日本大学芸術学部文芸学科を卒業。その後、千葉県議会議員を経て1993年に衆議院議員に初当選(千葉10区)以来、連続8期当選している。運輸政務次官、国土交通副大臣などを歴任。
2008年に国家公安委員長、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・防災担当)として初入閣している。2007年から芸術学部客員教授を務めている。68歳。(二階派)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">