政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


原点回帰、活動5年、シンポ開催

木内理事長

木内理事長

NPO法人ビジネスシステムイニシアティブ協会(BSIA、木内里美理事長)は、「ビジネスシステムイニシアティブ2015」を8月に東京・青山の青山ダイヤモンドホールで開催した。同協会は活動5年目を迎え、6月の総会によって法人名を改称した。
「これまで我々は、企業や組織の情報システムはユーザー側が主体性を持って構築・活用すべきという基本姿勢の普及を行ってきた。5年目に入り、ITや情報システムは結局、経営のためにあるという原点に立ち返り、より経営からの視点でシステムを捉えていきたい」とする木内理事長の熱い思いから、名称変更となったもの。
今回のシンポジウムのテーマは「経営×ICT」。招待講演では、経産省情報処理振興課長の渡邊昇治氏が「経営×ICTの展望」について、政府の役割と企業経営者の立場から、今後の「攻めのIT投資」の必要性を解説した。
基調講演には、ジュピターテレコムの牧俊夫社長を迎えて「経営からみたITとモバイル」と題したセッションが行われた。そのほか、「IoT」「マーケティング」「ビジネス」「超高速開発」の4トラックで24セッションが展開され、会場は盛況であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">