政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


「完成された伝統芸能、能に新風を吹き込む」~今後の能のあり方~

梅若紀彰さん

梅若紀彰さん

梅若 紀彰さん 

「観阿弥、世阿弥の親子がいたから今の能がある」と語る梅若さん。しかし、その時代の能と今の能は全く違うものだそうだ。だから、今、能の世界に新風を吹き込もうと、いろいろな分野との融合にチャレンジしている同氏に聞いた。

シテ方観世流能楽師、重要無形文化財総合指定保持者

1956年、故55世梅若六郎の孫として生まれる。祖父ならびに現56世梅若六郎に師事。現梅若六郎の甥。1991年梅若雅俊の養子となる。2010年、二代 梅若紀彰を襲名。600年の歴史を誇る梅若家において、現当主梅若六郎と共に中心をなす。梅栄会主宰。

http://chizai-tank.com/interview/interview201509.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">