政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


局長 糟谷敏秀

局長 糟谷敏秀

生産性向上へロボット活用、IoTを支援

平成28年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。
アベノミクスにより企業業績が着実に回復しつつある今こそ、我が国製造業においては、設備・技術・人材に対する未来に向けた投資をしっかりと行うことが重要です。そのために、企業の生産性や収益力の向上に向けて、新たな技術を活用した、我が国製造業の意欲的な取組を支援してまいります。
具体的には、第一に、少子高齢化への対応やものづくり現場の生産性向上のため、ロボットの活用を支援します。2020年までに、官民での総額1000億円のロボット関連プロジェクトへの投資や規制改革等を推進していきます。
第二に、IoT(モノのインターネット)等の新しい技術を活用し、生産性を高めたり、新たな収益源を創出する取組みを支援します。「ロボット革命イニシアティブ協議会」の中で、その課題や方向性につき議論を始めている他、「IoT推進ラボ」において、業種を超えた企業連携を促進し、資金・規制両面から集中支援していきます。
皆様のご健勝を祈念します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">