政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


中村修二さん

中村修二さん

「研究者にとって残念な日本の知財司法制度」~日本の特許の課題~

中村 修二 さん 
カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授。ノーベル物理学賞受賞。

1954年、愛媛県生まれ。徳島大学工学部電子工学科卒。日亜化学工業株式会社に入社。1993年、世界初の高輝度青色LEDの開発に成功。本田賞、朝日賞、仁科賞、ベンジャミン・フランクリン・メダルなど、国内外で数々の科学賞を受賞。2014年、ノーベル物理学賞受賞。2000年2月より、カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授。工学博士
主な著書
「考える力、やり抜く力 私の方法」 三笠書房 2001年
「真相・中村裁判」中村修二、升永英俊共著 日経BP社 2002年
「負けてたまるか! 青色発光ダイオード発明者の言い分」(朝日選書) 朝日新聞出版2014年

ノーベル物理学賞を受賞した中村教授に伺うと、日本と米国の知財司法制度に大きな違いがあることが浮き彫りになる。ベンチャー企業が育たない要因の1つでもありそうだ。率直な意見を聞いた。

http://chizai-tank.com/interview/interview201512.htm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">