政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


経済産業省は、このたび、産業構造審議会新産業構造部会からの答申を受け、「第四次産業革命に向けた横断的制度研究会」を開催する。
近年、ビッグデータに代表される情報処理可能なデータの飛躍的増大や人工知能の技術革新等が進展している。また、デジタル市場では、インターネット等で収集されたデータの分析に、人工知能を活用して新製品・新サービスが開発され、さらなる顧客を得るというイノベーションの好循環が生まれつつある。
一方、特定の有力な事業者に取引とデータが集中してしまう可能性があったり、立体スキャンと3Dプリンターの技術が進展・普及することで、「モノ」の物理的な移動が「データ」の転送に置き換えられ、簡単に国境を越え、知的財産の保護のあり方が問われる可能性がある。このような現状認識・問題意識のもと、、競争政策や知的財産政策などの横断的な制度に関する現状と課題、今後の対応等について検討を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">