政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


IPA サイバーセキュリティ月間キャンペーン

「草薙素子が果敢にサイバー犯罪に挑む」

1日より、IPA(独立行政法人情報処理推進機構、富田達夫理事長)情報処理技術者試験センターは、サイバーセキュリティ月間(2月1日~3月18日)における官民連携イベントの一環として、NISC(内閣サイバーセキュリティセンター)やJNSA(NPO 日本ネットワークセキュリティ協会)と連携し、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(攻殻機動隊 S.A.C.)とコラボレーションしたサイバーセキュリティ普及啓発キャンペーンを展開する。
ますます顕在化・深刻化するセキュリティリスクや、高度化するサイバー攻撃への対策を支えるサイバーセキュリティ人材が大幅に不足(約8万人)しており、人材の育成・確保は喫緊の課題となってきている。
IPAと講談社・攻殻機動隊製作委員会、NISC、JNSAが連携し、サイバーセキュリティ人材の育成・確保を目的とした普及啓発キャンペーンを実施し、合わせてIPAが平成28年度から実施する新たな国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」の活用促進などを訴求していく予定だ。
今回のキャンペーンでは講談社・攻殻機動隊製作委員会の協力により、新規に描き下ろした「攻殻機動隊 S.A.C.」のメインキャラクターである草薙素子(くさなぎもとこ)のイラストを用いた普及啓発ポスターを作成し、全国の関係団体や企業などで展開する。
また「攻殻機動隊 S.A.C.」とコラボレーションした特設ウェブサイトや、「攻殻機動隊 S.A.C.」公式のコラボレーション漫画などが、JNSAにより公開される予定。
なお、アニメーション制作会社であるプロダクション I.G(株式会社プロダクション・アイジー)代表取締役社長の石川 光久氏は「『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』が、サイバーセキュリティ人材育成普及啓発キャンペーンのキャラクターに選ばれたことを大変うれしく感じています。
「攻殻機動隊」において描かれた未来社会におけるサイバー犯罪は、今まさに現実のものとなりつつあります。一人ひとりが高い意識と正しい知識を持ち急速に進展するインターネット社会と向かい合う必要性があります。このイラストを見て一人でも多くの方がこのキャンペーンに興味を持っていただければ幸いです」とコメントを寄せている。
「攻殻機動隊」とは、1989年漫画家・士郎正宗氏によって漫画として発表された。インターネットが普及する以前の1980年代後半において現在起こっているサイバー犯罪の多くを描いた未来社会像は当時大きな衝撃を与えた。「攻殻機動隊」リーダー草薙素子が、メンバーとともに果敢にサイバー犯罪に挑んでいく作品であり、国内外を問わず幅広い年代の人々に支持されている作品である。

【IPA特設ウェブサイト】http://www.jitec.ipa.go.jp/sg_collabo/ 別ウィンドウで開く

サイバーセキュリティ人材不足の根拠

サイバーセキュリティ人材不足の根拠

写真は弊紙が主催した昨年7月のサイバーセキュリティ・イニシアティブの模様

写真は弊紙が主催した昨年7月のサイバーセキュリティ・イニシアティブの模様

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">