政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


温度と湿度に基づいて空気の快適性を判定する

『ダイキン空気感インフォメーション』を開発
大阪・梅田に設置する大型看板に採用

ダイキン工業は、これまで空調製品の開発などに活用してきた温かさと冷たさを表す指標をベースとし、温度と湿度に基づいて空気の快適性を分かりやすく判定する『ダイキン空気感インフォメーション』を開発した。
これは、温かさと冷たさを表す指標を算出するための要素のうち、温度と湿度は実際の測定値を利用し、風の強さ、代謝量、着衣量は季節や場所ごとのそれぞれの条件における代表値を利用して空気の快適性を判定するもの。
その実用第1弾として、3月に同社が大阪・梅田に竣工するフルカラーLEDの大型看板に採用し、同社のキャラクターである“ぴちょんくん”を使って、その時々の空気感を9色の“空気(きゅう)色(しょく)ぴちょんくん”と擬音語で表現する。
近畿地方の方々は、通勤や通学時に空気を特に意識する割合が高い調査結果もあり、JR大阪駅などから見える“ぴちょんくん”の大型看板で訴求する予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">