政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


東日本が壊滅の危機奇跡的に救われた福島原発2号機

NHKスペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」を見た。危機が迫る福島第1原発2号機のメルトダウンによる格納容器の爆発によって、東日本が壊滅的になる一歩手前であったことが描かれている。
このドキュメントは、5年前の事故の最前線で働いていた関係者500人に取材し、全貌に迫った。特に、印象的なのは、吉田所長がベントも注水も出来ず、万策つき格納容器爆発を覚悟した時だ。
はメルトダウンし、高温高圧力が一番高まった地震発生後の88時間。しかし、格納容器の爆発は起こらなかった。
これは福島第一の水素爆発により2号機の原子炉建屋のパネルが壊れ、水素が外部に放出された。また格納容器の損傷から直接、放射性物質が外部に漏れた。このような奇跡の連続で、東日本壊滅を逃れられた。吉田所長は「もう神様に頼るしかない」と覚悟していた。これを見たら、原発による核燃料サイクル一辺倒の政策は見直すべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">