政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


注目の最先端モビリティの専用展示会

世界のモビリティーセンター「AutoMobili-D」、デトロイトで開催
【デトロイト(米ミシガン州)2016年4月PR Newswire=共同通信JBN】北米国際自動車ショー(NAIAS)はこのほど、急速に進化する世界の自動車とモビリティー(移動性)の現状に焦点を合わせた専用展示会AutoMobili-Dを立ち上げると発表した。NAIASが主導するAutoMobili-Dは、来年1月のデトロイトでの2017年自動車ショーに併せて開催され、自動車メーカーや一流サプライヤー、テクノロジー新興企業など100社を超える企業が参加する。
2017年NAIASのサム・スローター会長は「AutoMobili-Dは、消費者のモビリティー、企業のエコシステム、エキサイティングな変革を推進しているイノベーションの絶えず変化する世界への国際的な注視を提供する。自動車の都にあるNAIASは、世界の展示会の中で最大の産業集中を得ており、約4万人の幹部、エンジニア、デザイナー、思想的指導者を迎え入れている。AutoMobili-Dは企業間ネットワーキングと思考を促すデモンストレーションのための理想的プラットフォームを提供する」と述べた。
▽概観
参加企業とテクノロジー新興企業のユニークなグループは、以下の5つの重要なモビリティーの分野を対象とする。
(1)自動運転
(2)コネクテッドカー・テクノロジー
(3)Eモビリティー
(4)モビリティーサービス
(5)アーバンモビリティー(都市における移動性)
NAIASのロッド・アルバーツ事務局長は「この1年間、われわれはこのイニシアチブに取り組み、このプロジェクトに関して自動車メーカー、サプライヤー、パートナーと会うため、世界中を回った。その反応と関心は驚異的であった。大手自動車メーカーからZF、IBM、Schaefflerのような世界最大のサプライヤーやイノベーターまでの力強い支援により、どこもAutoMobili-Dに参加し、自分たちの先進テクノロジーとモビリティープランを展示することを熱望している。われわれはまた、この米ミシガン州で起きている全てのモビリティー開発を強調するため、世界で名高いAmerican Center for Mobilityからの支援も得ている 」と語った。
▽日程と内容
AutoMobili-Dは、2017年1月8日(日)に始まり、NAIASインダストリーデー(Industry Days)(1月11-12日)まで。
▽NAIAS:未来はここにある
多数の自動車の研究開発と高度生産資産の所在地であるデトロイトとミシガン州は、コネクテッド車と自動運転車の研究と技術の世界的中心地としての地位をいち早く確立した。
8万9000人以上のエンジニアを有するミシガン州は、エンジニアリングの才能の集中およ
び自動車関連事業の数(462件)において国内1位である。2014年、ミシガン州は前年比50%増のコネクテッド車のプロジェクト(45件)において米国のトップに立った。
アルバーツ氏は「世界のモビリティーの見方は正しくここミシガン州で再形成、再定義されている。並ぶもののない研究、設計、試験、基盤整備が正しくわれわれの専門分野で行われている。NAIASが提供する国際舞台と相まって、これは大手企業とテクノロジー新興企業の双方にとって、テクノロジーと将来の製品を無数の業界同業者と国際的メディアに紹介するための理想的な場を作り出している」と付け加えた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">