政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


【香港発:2016年4月18日】アクセンチュア(ACN)は、アジア・パシフィック地域において今年で3回目となる「アジア・パシフィック 先進金融テクノロジーラボ(フィンテック・イノベーション・ラボ・アジア・パシフィック)」の参加受付を開始する。
黎明期・成長期にあるフィンテック企業が大手金融機関の経営層から直接的な指導を受ける、サービスやビジネス開発を加速することを支援する。参加申込は(www.fintechinnovationlab.com )より。締め切りは2016年5月31日。
アクセンチュアの最新レポート「フィンテック、発展する市場環境」によると、アジア太平洋地域のフィンテック企業への投資が拡大、2016年第1四半期の投資は27億ドルで、グローバル全体での投資総額53億ドルの51%を占めた。
アクセンチュアのシニア マネジング・ディレクターであり、アジア・パシフィック先進
金融テクノロジーラボのエグゼクティブ・スポンサーを務めるジョン・アラウェイは次の
ように述べています。「アジア全域で金融機関とのフィンテックに関する議論が活発化している。金融機関の経営層は、顧客向けサービスを効率化するため、どのような最先端のフィンテックソリューションに対して投資、開発または自社に取り入れるべきかについて検討を重ねている。今年のプログラムに参加する金融機関が20社に拡大、フィンテック企業も7から12社に拡大した。また、保険分野も対象とした。」
本プログラムのパートナー金融機関12行は、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、BNPバリパ、オーストラリア・コモンウェルス銀行、クレディ・スイス、ゼネラリ、ゴールドマン・サックス、HSBC、J.P.モルガン、メイバンク、モルガン スタンレー、サンライフ
フィナンシャルおよびUBSが務める。
アクセンチュアの調査によると、フィンテック企業に対する世界全体での投資額は2015年に220億ドルにまで拡大し、そのうちアジアが占める比率は上昇を続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">