経済産業新報 ”電子版” どなたでも電子版を45日間無料試読できます!

ダイジェスト詳細

2022/11/14

工作機械メーカー強さの秘訣 ヤマザキマザック ~リアルJIMTOF2022より

工作機械の一大見本市、JIMTOF2022が11月8~13日までの6日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催された。出展各社の中から、「工作機械メーカーの強さの秘訣」としていくつかを紹介する。

 

ヤマザキマザック

  • 強み

1つは、100年にわたる工作機械の開発・生産・販売の実績がある。1968年にはいち早く、米国に進出して海外展開を始めた。北米、欧州、アジアでの様々な顧客ニーズの蓄積がある。2つ目は全世界で約80カ所のサービス拠点を配置し、顧客の様々な課題に対してアフターサポートも含めトータルソリューションを提供している。さまざまなタイプの工作機械を揃え、あらゆるものを精度よく加工できるか顧客と一緒に検討していく基盤がある。

現在は日本、米国、英国、シンガポール、中国に工場を展開しており、ブランドの信用力にもつながっている。工作機械もコモディティ化が進んでいるが、最終的な決め手となるのは機械製造時のすり合わせ技術、提案力、サポート体制などであり、同社はこれらに強みがある。

 

  • 持続的成長のための取り組み

世の中のトレンドは脱炭素化で、製造業も同様であり、今後はEVなどの環境関連産業の発展に寄与していく必要がある。同社はEVのモータケースやインバータの冷却装置などの加工に用いられるFSW(摩擦攪拌接合)機能を搭載した工作機械を2014年に発表し、自動車産業などのニーズに応えている。

製造業は労働人口の減少や熟練工の不足などの課題に直面している。これに応える自動化システムなどの開発を常に先を見て続けている。

 

  • 人材育成への取り組み

ものづくりDXを推進するリーダーを育てるファクトリーサイエンティスト協会に参画し、社内にも講座を設けて研修を行っている。社外向けでは、小中学生にものづくりの面白さを知ってもらえるよう、2019年に美濃加茂市で体験型工作機械博物館を開業した。さらに、近隣の工業高校に社内の技能士(現代の名工)を派遣し、生徒に技術指導を行っている。

 


・会社名

ヤマザキマザック株式会社

・本社住所

〒630-8122 愛知県丹羽郡大口町竹田1-131

・代表者名

代表取締役社長 山崎 高嗣

・売上高

(未公表)

・経常利益

(未公表)

・従業員数

約8600名(グループ合計)

・工場所在地

国内:愛知、岐阜、三重

海外:米国、英国、中国、シンガポール

 

(全文は経済産業新報・本紙で。電子版試読キャンペーン実施中。)