働き方改革に朗報!副収入を得たい個人がすぐに報酬が受け取れるサイト 「シェアーズ・マーケット」がオープン。商品掲載企業の商材を、知り合いの企業に紹介するだけ。在宅でもできる、本格的エージェントビジネスが始まる。詳しくは本ページ右下の「シェアーズ・マーケット」バナーをクリック

ダイジェスト詳細

2018/08/25

新たなビジネスフロンティアが拡大、強化される宇宙産業政策  データ利用産業の発展とベンチャー育成に向けて

今、宇宙からのデータの利活用による産業のフロンティアが大きく開けてきている。経産省も昨年から大きく政策転換を図り、宇宙データアプリケーションビジネスを拡大、発展させようとしている。現状と今後の展開を靏田室長(2018年4月時点)に聞いた。

経済産業省製造産業局 宇宙産業室長 (現:通商政策局欧州課長)
靏田 将範 氏に聞く

――今、宇宙ベンチャーが盛り上がりを見せているが、現況は?
一昨年前に宇宙産業室長に着任以来、宇宙産業については、大きな課題が存在していると感じている。機器面の産業規模は3500億円程度と決して大きくなく、その8割が官需に依存している。ハード(衛星、ロケット)中心の発想が強い。逆に言えば、民間利用が進んでいないということであり、民生分野のデータ利活用の拡大が不可欠とみている。