働き方改革に朗報!副収入を得たい個人がすぐに報酬が受け取れるサイト 「シェアーズ・マーケット」がオープン。商品掲載企業の商材を、知り合いの企業に紹介するだけ。在宅でもできる、本格的エージェントビジネスが始まる。詳しくは本ページ右下の「シェアーズ・マーケット」バナーをクリック

ダイジェスト詳細

2019/03/21

ライティングビジョン2030  ストック市場でのSSL化率100%目指す

 一般社団法人日本照明工業会(JLMA、道浦正治会長)は、5日ライティング・フェア2019開催記念講演の中で、今後の10年を見据えた照明業界の成長戦略「Lighting Vision2030(ライティングビジョン)」を発表した。

 ビジョンの目標の1つは、2030年に照明器具ストック市場ノートパソコンSSL(LED、有機EL,レーザーなどの半導体照明)率を100%を目指す。2つめが、今後の業界のキーワードとなる「CSL&HCL(Conenected Smart Light & Human Centric Lighting)の普及である。

 それを達成するため、重点課題を3つ挙げている。1つはConnected Industriesによるパラダイムシフトへの対応、2つめがあかりの質向上とSDGsへの貢献、3つめがグローバル化・ボーダレス化への対応、となっている。

 まず、政府は地球温暖化対策計画で、2030年度26%減(2013年度比)という大幅な温室効果ガスの削減を目指し、国内照明の設備全てを省エネ効果の高いLEDなどの高効率照明に置き替える目標を立てている。