経済産業新報 ”電子版” どなたでも電子版を45日間無料試読できます!

トピックス詳細

2021/11/22

世界最大の「自由貿易経済圏」が誕生、日本経済にとっては「追い風」~来年1月からRCEP発効へ

2012年より交渉を始めていたRCEP(地域経済連携協定、アールセップ)が来年2022年1月から発効されることになった。世界のGDP、貿易総額、人口の約3割、わが国貿易総額の約5割を占める、「広域的自由貿易連携協定」が出来たインパクトは大きい。EUをしのぐアジア経済圏がさらなる成長のプラットフォームとなっていくだろう。

 

RCEP協定

 

参加加盟国であるASEAN加盟国とFTAパートナー国の15カ国のうち、RCEP協定に寄託した9カ国からスタートする。中でも中国や韓国が参加していることは日本にとって大きな意義がある。

両国とも日本の貿易相手国の1位と3位の国であり、今後、工業製品、農林水産物、などへの関税の減免、輸出入手続きの簡素化、サービスや投資のルールなど様々な分野に定められている。

参加国全体での関税撤廃率は品目数で91%となっている。18年に発効したTPP(環太平洋パートナーシップ)と比べると関税撤廃率はやや低い。しかし、TPPの世界のGDPの12%規模であり、RCEPの方が規模的には非常に大きい影響力があることがわかる。

(中略)

2022年は自由貿易の新しいルールのもと、日本経済の追い風となって経済再生が進んでいくことが期待される。

 

(全文・詳細は、経済産業新報・本紙で)