経済産業新報 ”電子版” どなたでも電子版を45日間無料試読できます!

トピックス詳細

2023/01/16

経済産業省幹部年頭所感 内閣府沖縄総合事務局 経済産業本部長 滝本浩司

沖縄県の本土復帰から次の10年を見据え

 

 令和5年の新春を迎え、謹んで お慶びを申し上げます。
 本土復帰50年の節目となった昨年、沖縄振興特別措置法等が改正され、次の10年を見据えた新たな沖縄振興計画がスタートしました。この50年間で本県は、社会資本の整備や県内総生産、就業者数の増加、失業率の改善など、本土との格差が着実に改善してきました。次の10年に向けては、企業の生産性の向上や「稼ぐ力」の強化などを通じ「強い沖縄経済」を実現することとしております。
 県経済は、観光需要の回復や海外との直行便の再開など、観光産業にとって明るい兆しはあるものの、人手不足や資源価格の高騰など、厳しい状況が続いております。
 本年は、本県で「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」が開催されます。県経済の回復に向けた足下の取組に加え、このような世界大会を契機に、1日も早くwithコロナの日常からステップアップできるよう、沖縄総合事務局においても全力で取り組んでまいります。

 

(全文は経済産業新報・本紙で。電子版試読キャンペーン実施中。)