(12/1)サイトをリニューアルしました

トピックス詳細

2017/11/30

ET・IoT2017


リアルリアルタイム分散制御へ

「エッジ・コンピューティングで強みを発揮していく」

~機器にインテリジェンスは我々の強み

今年6月、JASAの新しい会長に竹内氏が就いた。IoTが叫ばれる中、業界をどういう方向に導いていくのか、その考えを聞いた。

一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA) 竹内 嘉一会長に聞く

(株式会社日新システムズ代表取締役社長)

 

――ET・IoT展に当り、JASAの企業の中でのIoTへの取り組みと現状を教えて下さい

政府はSociety5.0(超スマート社会)という大きな社会インフラが変わる概念を打ち出しており、その実現の一翼を担うものの一つにCPS/IoT(Cyber∣Pysical System/Internet of Things)がある。先行的なSIerや大手IT企業が、CPSでデータを集め、ビッグデータにしてAIで分析し、サービスに提供してスマートな社会を作るといった形でIoTを表してきている。

しかし、全てのデータをクラウドに上げると通信量やCPUパワーが膨大となり、分析にも時間がかかる。そこで最近注目されているのがエッジコンピューティングだ。1つ1つの機器がインテリジェンスを持ち、有効なデータだけクラウドに上げ、現場で出来ることは、リアルタイムで制御していく。