経済産業新報 ”電子版” どなたでも電子版を45日間無料試読できます!

トピックス詳細

2020/12/02

図で見る日本経済マンスリー~KSダイジェスト版(10月分)~

 

10月の日本経済マンスリーのポイントは次の通り。

○消費総合指数・8月の「消費総合指数」は、前月比+0・8%と2ヶ月ぶりの上昇。10月の月例経済報告では、「消費は持ち直している」と判断が上方修正された。

○鉱工業生産指数・9月の生産は、需要回復を背景に上昇が続く自動車関連に加え、3ヶ月ぶりの上昇となった生産用機械工業等が牽引。○機械受注・8月の機械受注( 船舶・電力を除く民需) は、前月比+0・2%と、2か月連続の増加となった。基調判断は、「機械受注は、下げ止まりつつある」と先月から上方修正された。

○IMF世界経済見通し・2020年の世界の実質GDP成長率の見通しは、▲4・4%に上方修正。○米国経済(実質GDP成長率)・米国の2020年7- 9期実質GDP成長率(一次推計)は、前期比年率+33・1%と過去最大の伸びを記録。