政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


【北京2013年4月23日PRN=共同JBN】上海交通大学で開催された2013年アジア学生スーパーコンピューター・チャレンジ(ASC13)がこのほど正式に終了した。5日間にわたる激しい争いの後、中国本土の清華大学がチャンピオンとなり、「最高LINPACK」賞も獲得した。台湾の清華大学が次点となり、中国本土の華中科学技術大学が「最優秀MICアプリケーション最適化」賞を授与された。
 ASCはSC、ISCとともに世界で最も影響力のある3コンテストの1つである。ASC13のルールは、すべての学生チームが3000Wの電力制限の下で、自分たちでスーパーコンピューター・システムを設計、構築し、HPL、GROMACS、OPENCFD、WRF、BSDEの5つのアプリケーション最適化を行うことを求めている。
 HPLベンチマーク・テストはスーパーコンピューターの浮動小数点性能を点検するための世界で最も主流で、洗練されたシステムである。ほかの4つは分子力学、流体力学、天気予報、オプション評価で広く使われている。
 これまでに名前を挙げた3チームのほかに7つの学生チームが参加した。サンクトペテルブルク大学(ロシア)、蔚山科学技術大学(韓国)、キングアブドルアジズ大学(サウジアラビア)、香港中文大学、中国人民解放軍国防科学技術大学、上海交通大学、中山大学である。この合計10チームはコンペに応募した43大学から予選を通じて選ばれた。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">