政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


自民党、ICTで日本を取り戻す
「デジタル・ニッポン2013」

自民党のIT戦略特命委員会を牽引してきた平井議員がいよいよ動き出した。民主党政権で遅れた、新しいIT戦略政策に合わせ、 「デジタル・ニッポン2013」を打ち出した。今後の成長戦略にも大きなインパクトを与えそうだ

自 民 党 は「 重 点 政 策2012」において「たくましく、やさしく、誇りある日本を取り戻す」と宣言している。民主党政権の3年半、わが国のICT政策は停滞を余儀なくされ、この3年半を取り戻し、ICTを「日本を取り戻す」ことを至上命題に、骨太の方針として今回、提言をとりまとめた。
 
E❘Japan以来10年の経験を持つ我々の委員会が、これまで民間企業
20社と議論を積み重ね、政府の新たなICT戦略策定に対して提言するものである。政府の「ICTインフラと利活用の2つの面で世界最
高水準のICT社会を実現する」という目標に、国土強靭化、サイバーセキュリティ、農林水産業、テレワーク(雇用) 、医療、電子政府の6分野に分けて提言している。
 
日本経済において、ICTは国内最大の90兆円産業であり、情報通信インフラは世界最高水準にある。この10年でモバイル通信速度は850倍も早くなり、自動車の40%が電子化コストとなるなど、ICTの進歩
はめざましい。にもかかわらす、わが国のICTの国際競争力は年々低下し、現在21位に落ちてしまっている。これは優れたICTインフラがありながら利活用が遅れているからである。
 
総務省の試算では農業や社会インフラといった対策だけでも2025年までに20兆円の経済効果がある。この他のICT対策をとるだけで、計り知れない規模の経済効果があり、今後のアベノミクスの「成長戦略」
の柱になると期待できる。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

 デジタル・ニッポン 2013 のポイント
1、「コンクリートにICTを」
 道路などの重要インフラに、センサー網、ビッグデータ / オープンデータ解析のための全国的なメンテナンス網を整備する。
2、「サイバー空間の国家安全保障」
 多重防御による「動的防御システム」を開発・導入し、米国のDHSを参考にした省庁横断組織、サイバーセキュリティ庁 ( 仮称 )
の創設を視野に、世界最高水準のサイバーセキュリティ産業を育成する。
3、「農林水産業の成長産業化」
 小規模事業者にも配慮した生産性拡大とバリューチェーン全体をカバーしたブランド農林水産物育成や輸出の拡大を目指す。
4、「テレワークからスマートワーク」
 日本版テレワーク法を制定し、女性、若年層、高齢者の雇用拡大を図る。ワークスタイルの拡大ヘ向け、ハローワークの「雇用クラウ
ド」化や「マイガバメント」と連携した教育による就労支援を行う。
5、「高度な医療インフラの展開」
 365日24時間在宅医療提供体制を構築するため、EHR連携基盤を構築する。これら基盤を公共インフラとして、 「在宅医療クラ
ウド」「介護クラウド」と連携、先端技術とビッグデータ解析で医療水準を世界最高の水準に引き上げる。
6、「電子政府を国民の手へ」
 3年以内に世界最高水準の国民向けオープンデータを実現すべき(自治体は5年以内)。同時に世界最高水準の電子政府を目標とし、
世界ランキングでは常にトップクラスを目指す。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

<ひらい たくや> 香川県出身、昭和33年1月25日生まれ、55年上智大学外国語学部英語科卒、62年西日本放送代表取締役社長。平成12年衆議院議員当選(無所属)、その後自民党に入党。17年第3次小泉内閣政務官に就任。19年には国土交通副大臣となる。連続5期当選。父は平井卓志元参議院議員。趣味は読書・陶芸・卓球・サッカー・ギター。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">