政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


欧米の経済団体ACCJとEBC
日本の経済成長を促す医療政策を共同提言

3.3兆円の損失を無くし、寿命を延ばせる

在日米商工会議所(ACCJ)と欧州ビジネス協会(EBC)は、日本経済の成長を促すため、「医療政策白書2013年版」を共同で発表、医療政策に対し、共同提言を行った。この提言では、日本は健康寿命を延ばし、予防・早期発見・治療可能な疾病による経済負担を軽減できるとしている。
 「健康寿命の延長による日本経済活性化」と題されたこの白書は、ACCJヘルスケア委員会とEBC医療機器委員会のメンバーから寄せられた最新の医療の成功事例と科学的調査に基づくデータをまとめたもので、作成に1年以上を要した。心疾患、がん、精神病などの慢性疾患及び肝炎、結核などの感染疾患を含む36の医療分野への政策提言が盛り込まれている。
 ACCJのローレンス・ベイツ会頭は「この提言が採用されれば、日本は疾病による社会的・経済的な負担の軽減につながる。さらに、労働生産性が高められ、労働者の就業不能状態と病欠が減り、日本の経済性成長を支えられる。当方の2011年の調査によれば、日本は疾病に起因する労働生産性の低下と労働者の病欠・就業不能の増加により毎年推定3兆3000億円の経済的損失を被っている」と述べた。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">