政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


グーグル・ヤフー検索第一位の好評ブログ!

明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか? 高 愁陽
個 の 話:第一話①「人間は、六〇兆の細胞からなる芸術作品!」

しかし英語では、一の桁を、One ten hundred
千 の 桁 を、T h o u s a n d・・ o n et h o u s a n d t e n t h o u s a n d hundred thousand
百 万 の 桁 を、 M i l l i o n・・ o n em i l l i o n t e n m i l l i o n
hundred million
十 億 の 桁 を、 B i l l i o n・・ o n eb i l l i o n t e n b i l l i o n
hundred billion
一 兆 の 桁 を、 T r i l l i o n・・ o n et r i l l i o n t e n t r i l l i o nhundred trillion
と言う、
きちんと、三桁ごとの言葉が前の三桁の表現と変わっている。つまり、各桁のスタートが一(one)から始まっている。ちょうど、日本語の四桁ごとのスタート(千―万―億―兆・・・のように、つまり、thousandーmillionーBillion―trillionと。
 そうなると、三桁と四桁の戦いとなる???・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">