政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


グーグル・ヤフー検索第一位の好評ブログ!

明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか? 高 愁陽
個 の 話:第一話①~数の話~

個の話:第一話④「人間は、六〇兆の細胞からなる芸術作品!」 ~数の単位~

憧れの人に想いを伝えた青年の「刹那」の想いやいかに。
前回ご紹介しました小さな数の単位をおさらいしてみましょう。
10のマイナス7乗からはじまる、繊(せん)・沙(しゃ)・塵(じん)・埃(あい)・渺(びょう)・漠(ばく)・模糊(もこ)。
このあたりまでは、「視覚」の世界でした。「視界」から「時間」へ。10のマイナス14乗からはじまる、逡巡(しゅんじゅん)・須臾(しゅゆ)・瞬息(しゅんそく)・
弾指(だんし)・刹那(せつな)と続きます。
「視覚」から「時間」に至る、小さな時間の単位の世界。「時間」の概念の次は「人の道」が用意されていました。憧れの人から青年はどのように見えたのでしょうか。

「人の守るべき6種の徳目」を意味する
・10のマイナス19乗は、「六徳(りっとく)」                 
人の守るべき6種の徳目                             

  • 一 お布施を与える
  • 二 持戒、戒律を守る
  • 三 忍辱、耐え忍ぶ
  • 四 精進、努力修行
  • 五 禅定、精神集注
  • 六 智慧・般若

・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">