政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


スマホ不正アプリが急増中

IPA(独立行政法人情報処理推進機構、藤江一正理事長)は、国内外の注目すべき情報セキュリティインシデントや、インターネットにつながる機器の利用拡大による新たな脅威などの出来事や状況をまとめた「情報セキュリティ白書2013」の販売を、2日から開始した。
この白書は、IPAが毎年発行しているもので、企業のシステム開発者・運用者を対象に情報セキュリティの現状や、今後の対策の提供、パソコンやスマートフォン等の情報機器を使用する一般の利用者向けにもわかりやすく、情報セキュリティの概観や身近な話題を取り上げている。
2012年度は、サイバー空間でのデモ活動を目的としたDDoS攻撃より、米国の金融機関のオンラインサービスや日本の政府機関・著作権団体のWebサイトがサービス停止に陥る被害が発生した。また、スマートフォン等の利用拡大とともにそれを標的とする不正アプリが11年度の数千個/月から12年度は数万から数十万個/月へと増加し、ウイルスを用いた新たな手口によるインターネットバンキングでの不正送金被害が拡大した。また、一般インターネット利用者に対する脅威も高まっている。
 今回の白書では、情報セキュリティインシデントの具体的な事例や攻撃の手口、対策について解説、また、内外で進展中の情報セキュリティ政策や法整備の状況等を取り上げている。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧く
ださい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">