政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


グーグル・ヤフー検索第一位の好評ブログ!

明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか? 高 愁陽
個 の 話:第一話①~数の話~

個の話:第一話④「人間は、六〇兆の細胞からなる芸術作品!」 ~数の単位~

憧れの人に告白した青年の「刹那」の想いは、果たして成就するのでしょうか?
「指をひとはじきする(弾指)間に65刹那(せつな) 」 、10のマイナス18乗の時を経て・・・。
青年は、憧れの人の最後の言葉「わたし、いま輝いている人が好き」を心に刻み、6種の徳目を「思い立った今日この瞬間から実践し、自分の道を自分の手で切り拓いていこう!」 と固く心に誓うのでした。視覚から時間、そして人の道へと続く、小さな時間の単位。このあたりからは、心の深層部分を投影する言葉が登場します。
「空、 平面、 空間などに何もない状態」を指す
・10のマイナス20乗は、 「虚空(こくう)「清らかでけがれのない」などの意味を持つ
・10のマイナス21乗は、 「清浄(せいじょう)大乗仏を支える根本思想である
・10のマイナス22乗は、 「阿頼耶(あらや) 」 「迷いの世界と悟りの世界」はここから生じる
・10のマイナス23乗は、 「阿摩羅(あまら) 」 「諸行無常・諸法無我の事実を自覚」する
・10のマイナス24乗:「涅槃寂静(ねはんじゃくじょう) 」
縦糸と横糸が織り成す「繊」からはじまる、 青年の恋。見た目重視で「どうありたいのか」焦点がいまひとつ定まらない「埃 ・ 漠 ・ 模 ・ 糊」の状態の中、 「逡巡」から「刹那」に至る時を経て・・・。
「愛に燃えるその瞬間が” 永遠” なんだよ」 (岡本太郎)・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧く

ださい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">