政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


グーグル・ヤフー検索第一位の好評ブログ!

明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか? 高 愁陽
個 の 話:第一話①~数の話~

個の話:個の話:第二話①「人間は、戦う細胞である!」
 第1話では、人が六〇兆の細胞からなる芸術作品!」であることから、数字の不可思議さの話を数の単位で見てきました。
 第2話では、細胞そのものの話をします。
フランスの思想家パスカルは、彼の手稿で「人間は考える葦である」と言っていますが、今は、悩める若者に「人間は戦う細胞である」と言いたい。
 細胞と言えば、六〇兆の細胞の中で悪者と戦う細胞がいる。
「NK細胞とiPs細胞が未来を見通す。彼らのお陰で不治の病が治るかもしれません?」これは、すごいことですよね?
 NK細胞とは、1970年代に発見されたナチュラルキラー(Natural Killer)細胞のことです。何か殺し屋みたいですね?最初に聞いたときは「何だ、これは?」と思いました。調べてみると、自然免疫の主要因子として働くリンパ球の一種のようなのですが、人にとって嬉しいことに腫瘍細胞やウイルス感染細胞を拒絶する力を持っているようです。正義の使者のようですね?
 
 一方、近頃良く話題に上がるiPs細胞は、2006年に発見された再生医療を実現するために重要な役割を果たすと期待されている細胞のようです。
人間の皮膚などの細胞に、ある組織や臓器の遺伝子を導入しで培養すると、ある組織や臓器の細胞に分化し増殖する能力をもつている、多能性幹細胞というすごい細胞・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">