政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


グーグル・ヤフー検索第一位の好評ブログ!

明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか? 高 愁陽
個 の 話:第一話①~数の話~

個の話:個の話:第二話①「人間は、戦う細胞である!」

再生するというと、直ぐ思いつくのが、トカゲのしっぽです。
外敵に会うと危険から逃れるために、しっぽを自ら切り離して、逃げるという習性のようです。これもまた、すごいですね?
 再生したしっぽは、実際には、外観から見ると色が異なっていたり、元のしっ尾よりも短くなっていることが多いらしいです。また、中には骨がなく、軟骨で支えられているようです。
 こんなトカゲを見て、子供の時に、「自分の手足も生えてきたらすごいな!」と思ったのは私だけでしょうか?
 夢のある話は楽しいですが、それが一部でも実現するとは???これこそ不可思議ですよね?動物の能力は、第一話で語ったあの数字の桁の大きさどころか、未知に対する畏敬の念と、結果を見てみたいと、「それまで生きなければ・・・」という気持ちをおこさせるのも・・・
 ところで、ここで採り上げる細胞は、免疫力と言われる力を発揮しています。
良く言う「病は気から・・・」の免疫力は、意識によって変わるのでしょうか?
 ガンになった仕事仲間から聞いた話です。彼は出身地の九州福岡に戻り、
手術を受けた。退院する時に医者に
「これからどうするのですか?」と聞かれて、「毎週東京へ飛んで経営の指導をしなければならず、すごく忙しいです。」と応えた。そうすると、「それなら、大丈夫ですね」・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">