政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか?

「6」の融合人 高 愁陽

個の話:第二話(4) ~人間は戦う細胞である!~

間に合わない!科学者の頭部にメスがが入ろうとした。「待て!彼らも一番の近道を知っているはずだ。目だ!」その時、科学者の目から涙と共に医療チームが出てきた。
一粒の涙は、床の上で見る見るうちに、元の人間に戻っていった。60分、60秒。6分のの戦いが繰り広げられた世界、本当に不可思議の6ですね?
現在は、科学が進歩し、カテーテルを血管等に挿入し、外部から治療ができるようになりました。時代は変わりますね?
ところで、細胞の定義は、知恵袋2011によると、「生命体を構成する基本単位」です。基本的には、細胞は、①細胞膜。その内部に。②細胞質、③核、および、④各種の細胞小器官を持っています。
「核」に、いわゆる遺伝情報が蓄えられています。また、一つの細胞のみで構成されている生物は、「単細胞生物」ですが、細胞の構造も知らずに、子供の時に、「単細胞!」というような悪口が飛び回っていたような記憶があります。当然ながら、人間は、複数の細胞からなる「多細胞生物」です。
インターネットで占う「細胞占い」で、6人の一人が勝手に占ってみました。生年月日と2つの質問だけで分かるのか、疑問ですが、何しろ、結果は次のようでした。
結果:「独立グループ(葉緑体、ミトコンドリア、ウイルス)の内の「ミトコンドリア」だった。ミトコンドリアとは、「好気的原核生物の一種が真核細胞に住みついたもの。好気的リン酸化を行い、エネルギー源のATPを生産する。
固有の遺伝子をもつ」らしい。そんな私は、「他人にはない特異な才能をもっています。また、意志が強く、自分の意見をなかなか曲げません。でも、控えめな『染色体』や気が利く『ゴルジ体』と良い相性です。時々意見が合わずリーダーの『核』と対立することもあります。要領のいい『水』が嫌いです。」
私にぴったりの職業は、研究者、起業家、職人です。私にぴったりな言葉:「実直、人情」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">