政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


香粧品香料(フレグランス)

香粧品といえば、一般には香水から石けんまでを含む広い意味での化粧品を意味するが、香粧品香料の場合は、それに衣料用洗剤・柔軟剤、住居・家具用洗剤・消臭剤などが加わる。香りをより積極的に利用するようになった現代では、さまざまな香料がふだん気がつかない所でも多く使われている。それぞれの製品の用途、使い方などに応じた多種多様な香料が使われるが、生活関連用品の多くは爽快な感じ、清潔な感じ、あるいは安心感、リラックス感をもたらすような香り、不快臭をカバーするような香りが中心になっている。
香粧品香料の原料は食品香料とほぼ同じで、花の香りが食品香料に使われることもあるが、全く同じものではなくおいしそうなバラの花の香りと魅惑的なバラの花の香りの違いがある。香粧品香料は食品香料と香りのタイプが異なっている。

香りのタイプ(香調)

フレグランスとして使われる香料は、たくさんの種類の香料を調合して作られる、タイプによって次のように分けられる。

シトラス…レモン、グレープフルーツ、ライム、オレンジ、ベルガモットなどの柑橘系果物の爽快な香り。
におい立ちをよくするために用いられ、オーデコロンの主要な香りで、代表的なコロンには18世紀に発売された「4711(フォーセブンイレブン)」がある。

シングル・フローラル…バラ、ジャスミン、スズラン、ライラックなどの薫り高い花をモチーフにしたタイプ。シンプルでかわいらしい感じの香りになる。「ディオリッシモ」はスズランの香りの傑作。

フローラル・ブーケ…花束のようにいくつかの花の香りを混ぜ合わせた豪華絢爛な香り。日本の女性にもっとも親しまれている。「レール・デュ・タン」がその好例。

フローラル・グリーン…木の葉や青リンゴなどが持っているグリーンな香りをブレンドしたタイプ。アウトドア感覚のナチュラルな香りで、代表作はフィジィ諸島のスコールが去った後に吹く南国の涼風をスケッチしたといわれる香水「フィジィ」。

フローラル・アルデハイド…合成香料の力強い油脂性のにおいを持つアルデハイドを特徴としたモダンな感じのするフローラルの一分野。代表作は1922年に発売され調香の世界に新天地を拓いたシャネルの「No.5」。

シプレー…さわやかなシトラス系の香りにバラやジャスミンなどの花の香りを配あう。コケの香りのオークモスやベチバー、パチュリ、白檀(サンダルウッド)などのウッディ調をベースにして、アンバーグリスを中心としたアニマルノートで味つけした重厚で華やかな気品のあるタイプの香り。「ミツコ」が古典的な代表作。

オリエンタル…甘くパウダリーな香りを持つバニリンやヘリオトロピン、クマリンに、東洋のイメージを与える樹脂類(ベンゾイン、乳香、投薬など)、樹液の印象があるバルサムを盛り込んでいる。アニマルノートでまとめた香り。甘味が強く、持続性のあるエキゾチックな香水「オピウム」が有名。

香粧品香料の利用

香粧品香料は、利用する商品の機能性に合わせた香料の開発が必要になる。香粧品は、用途によって次のように分類される。
・ ファインフレグランス製品
・ パーソナルケア製品(化粧品)
・ 皮膚用(スキンケア)化粧品
・ 仕上げ用(メーキャップ)化粧品
・ 頭髪用(ヘアケア)化粧品
・ トイレタリー製品
・ ハウスホールド製品
・ 医薬部外品
・ その他

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">