政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


橋本総合特許事務所 所長 弁理士
グローサクストコンサルティング株式会社 代表取締役社長
橋本 虎之助

橋本虎之助社長

橋本虎之助社長

グローバル競争が激化する中で、企業が生き残るには、いかに技術開発、製品企画、ビジネスモデルなどを通じて事業競争力を高め、その事業競争力を持続させていくかにかかっている。グローバル競争は「知の競争」でもある。競争優位を維持するには、競争力の源泉である自社の知的財産をいかに有効に保護、活用していくかが極めて重要である。
日本企業の海外進出が活発化しているが、成功や失敗もある。失敗の原因はいろいろあるが、知的財産対策の準備不足、不備などが原因のものも多い。企業が海外進出して直面するリスクには、カントリーリスク、信用リスクなどいろいろあるが、その最大リスクの一つが技術流出問題、模倣品問題、知財関連訴訟問題などの知財リスクである。
企業は知財リスクを最小化する対策などを講じる必要があるが、その役割を担うのが「知的財産マネジメント」。知的財産マネジメントは、コンセプト設計、技術開発などの立ち上げ段階から事業段階まで、自社の強み、弱みなどを把握し、事業・グローバル視点を入れながら、知的財産の秘匿化、権利化、公開化などを戦略的に構築していく。
わが国企業の知的財産マネジメントの取組みはいかがであろうか。優れた知的財産などを保有しながら、事業競争力の勢いを失ってきている事業分野が散見される。原点に戻って、グローバル競争に打ち勝てる攻守の知的財産マネジメントを再構築する必要もあろう。知的財産マネジメントは、企業経営者にとっても経営戦略を見据えて最終的方針を決定する重要業務ともいえる。
知的財産マネジメントで注意すべきことは、特許や商標をはじめとする知的財産制度、運用などが国・地域により異なっていることだ。商標制度を例にとると、企業にとって、商品やサービスを他社と差別化する標識である「商標」を活用したブランド戦略は重要であるが、商標対象や登録する国・地域により、その戦略上の違いがでてくる。例えば、日本は文字、図形、記号、立体的形状やこれらの結合などが商標登録の対象。米国や欧州などは文字、図形、記号等に加えて、「動き」、「ホログラム」、「輪郭のない色彩」、「位置」、「音」なども商標登録の対象。こうした異なっている制度も、状況により制度改正などがなされるので、そうした動向にも常に注視する必要があろう。
日本は、平成26年の第186回通常国会に「特許法等の一部を改正する法律案」が提出された。参議院先議で、同年4月2日参議院本会議で可決され、衆議院へ送付された。この法律案は特許法、意匠法、商標法、弁理士法の一部改正からなる法律案であるが、商標法関係では、色彩、音等の新しい商標の保護対象への追加などが含まれている。
今後、企業経営者などが経営戦略、事業戦略などにおいて、戦略的に知的財産マネジメントを駆使され、「攻めの経営」でグローバル競争に立ち向かっていかれるのを期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">