政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


政府は2020年のわが国の標準的な新築住宅として、「ゼロ・エネルギー・住宅(ZEH)」の実現を目指している。再生可能エネルギーと自然エネルギーを最大限活用した、長期的に安心して住める究極のスマートハウスがゼロ・エネルギ住宅なのである。

地震国のわが国にあって、長く安心・安全に暮らすためには、耐震性能の高い、高品質の住まいが欠かせない。そこで今、注目されているのがスマートハウスだ。特に政府が2020年の標準住宅に推しているのがスマートハウスの一種、ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)である。
家庭内のエネルギー消費を最適に制御した住宅をスマートハウスというが、ZEHはさらに、スマートメーターやHEMS(家庭用エネルギー管理システム)を使う。まず、建物の高断熱・高気密にして省エネ性能を高くする。
次に、太陽光発電や燃料電池などエネルギーを作り出せる「創エネ」設備が備えてある。3番目に創り出したエネルギーを蓄えておける蓄電設備を備え、災害時にはそのエネルギーで一定期間生活が維持できるのである。
そうすることで、住宅で使うエネルギー消費量を抑え、エネルギーを創り出し、住宅から外に出すエネルギーを実質ゼロにしていくというものだ。
こうしたスマートハウスに最適な住宅を提供しているのが工業化住宅(プレハブ)であるが、現在、全住宅新築着工数のまだ16%でしかない。しかし、今後は政府もより積極的に普及に力を入れていくそうだ。
その1つが「省エネ住宅ポイント」。2年半ぶりに復活し、一定の省エネ性能を満たす住宅を新築した場合は、一律30万ポイントが発行される。リフォームも対象となり、同時に耐震改修を行う際は、さらにポイントが拡大されている。
スマートハウスは例えば、住宅を買い替えしなければならないときでも、普通の中古住宅より2-3割高い価格で取引されるため、長期的な投資としても十分、対応可能な資産価値のある住宅といえる。

 

平成27年度定時総会並びに第2回理事会開催

平成27年度定時総会並びに第2回理事会開催

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">