政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


【ロッテルダム(オランダ)2014年5月27日PRN=共同JBN】

オランダ・ロッテルダムにある研究・開発企業The Archimedesは27日、家庭向けに全く新しい世代の風力発電タービンを開発したことを明らかにした。この風力タービンは風を利用して、現世代の風力タービン
より多くのエネルギーを取り出すことができる。さらにLiam F1 Urban Wind Turbineと呼
ばれるこの風力タービンは、その設計からして騒音を生み出しにくい.
Liam F1は風速5m/s(メートル/秒)で平均1500キロワット時を発電するが、これは一般
家庭の電力消費量の半分相当である。屋上に設置されたソーラーパネルと組み合わせれば、
住宅はそのエネルギー需要を完全に自給することができる。
The Archimedesの風力タービン発明者であるマリヌス・ミーレメット氏はそこで、設計に
手を加えた。同氏はオウムガイの殻の形状、アルキメデスの理論、同氏独自の数学を組み合
わせることによって、抵抗がほとんどない新しいタービンを作り出し、事実上ノイズを発し
ない設計を実現した。
Liam はスクリュー形状であるため、ちょうどペナント(吹き流しのような眺めの三角旗)
のように風を最適の位置に自動的に合わせ、それによって最大限の収率を生み出す。ミー
レメット氏によると、収率は最高80%となり、論理的に実用性がある。Liamは開発者たち
が当初見いだした結果を信じがたかったことから、50回以上もテストしてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">