政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


陽が沈む愁いを、また陽が高く昇ることに意識を馳・・・ 
明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか?

「6」の融合人 高 愁陽 
 
 地球の話:第一話① 「『六〇億の人口が、七〇億人に!』向けて」

「『知の力』!日記帳」も「個の話」30話が終了し、第二フェーズの「地球の話」が始まります。
「個の話」では、日本人の過去の経験知の深さと広さを、未来に向かってサステイナブルにするために、新しい時代を築く「知の融合」をどう図るのか?個人に焦点を当て、6人の知者が集まって意見を出し合ってきた。
それは、個を主張するのではなく、個を融合して新たな知を生み出す。したがって、著者の名前も融合し、6人の陽が沈む愁いをまた陽が高く昇ることに
意識を馳せ「高 愁陽」という融合人の融合名を使用してきた。個の話を共有し気づいたのが、多様な個人が拠って立つ大地に目をを向けることであった。「生きる力のロゴ」にあるように、6つの視点の地球の話をしてみたい。
人の多様性に着目して、今回から地球の話になるが、話の種は多い中で特に6絡みの話をしていく。6の多様な意味から展開し、夢を見、さらに夢を追い掛け、最終的に夢を実現する「心のルート」を探る。
6人の融合人の人生で得られた価値ある経験知を活用し、赤ん坊の心(無垢な心、高校生の青臭い気持ち)に戻り、悩み多き若者に本質に気付く重要さを知らせたい。
地球を語ることを通して、若い人の心に響く、豊かな気になる、人生を諦めずハッピーになる意識知に挑戦する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">