政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


初の金融スマートデータセンター
FT技術で、資産運用の未来を予測

 国立情報学研究所(NII,喜連川優所長)と三井住友アセットマネジメント(株(SMAM、横山邦男代表取締役社長兼CEO)はビッグデータの処理をFinTech技術により実現させるべく、共同で(金融スマートデータ研究センター、喜連川優所長)をNIIの研究施設として設置した。

同研究センターは、NIIが所属する大学共同利用機関法人情報・システム研究機構が今年2月から、民間からの研究経費を活用して運用できる(共同研究部門制度)で初めてのプロジェクトである。この制度は大学の寄付講座と同様の研究法人向けの仕組みである。
NIIとSMAMは、平成31年(2019年)3月までの3年間、金融ビッグデータのスマートデータ化に取り組む。SMAMは、特任研究者の人件費などセンター運営及び共同研究の実施に必要な経費(1億円)を負担する。
喜連川所長は(現在、私が予想した通り、情報爆発の時代に突入し、ビッグデータが騒がれている。しかし、いくらビッグデータがあってもスマートなデータに処理されていなければ活用できない。今回、我々にとっては縁の薄かった金融分野のスマートデータ化に取り組めるのがとても楽しみだ)と述べた。
また、横山社長は(金融市場の先行きを読むのは人手ではとても難しくなってきている。お客さまの金融資産の先行きをAI(人工知能)などを使って未来予測をしたいという若手の熱意に押されてこの研究に取り組み、成果は広く社会に還元していきたい)と語った。
NIIでは、物理学や自然言語処理技術などを活用し、スマートデータを使ったより精度の高い未来予測を可能とする経済・社会現象の統計分析やモデル構築に取り組むとしている。
これら研究成果が社会に実装されると、資産運用会社は情報収集や情報分析作業が効率化され、資産運用のパフォーマンス向上につながる。
NIIは情報学分野では国内唯一の学術総合研究所。SMAMは、昨年8月、業界大手で初めて(フィデューシャリー・デューティー宣言)を行っている。

「金融スマートデータ研究センター」の取り組み

「金融スマートデータ研究センター」の取り組み

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">