政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


辻本新会長

辻本新会長

建機工総会 新時代に対応、イノベーションに取り組む

5月26日、一般社団法人日本建設機械工業会は東京・港区白金台のシェラトン都ホテル東京で通常総会を開催した。会長が藤岡純氏(コベルコ建機相談役)から辻本雄一氏(日立建機代表執行役社長兼取締役CE0)に交代しため、交代記者会見が行われた。
辻本新会長の発言は以下の通り。「1つめは新たな時代の流れに対応していくため、藤岡前会長の功績であるイノベーション委員会の活動を引き継ぎ、さらによりよい運営をめざす。
2つめは、外部の関係機関との協力、日本建設機械施工協会との連携などを通して、時代の一歩先を行く活動。3つめは、コンプライアンス順守の取り組みを今後も継続し、公正で透明性の高い事業活動を行う。4つめは、今年度事業においては、東日本大震災の復興に加え、4月に発生した熊本地震の復興への貢献、環境・省エネルギー対応、グローバル展開の支援、新しい技術への対応を図る」の4点を重要な活動分野とし、継続して取り組む、とした。
辻本氏は1979年大阪大基礎工学部卒、日立建機入社。2011年執行役常務開発統括本部長。12年4月より現職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">