政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


野々垣代表理事

野々垣代表理事

全請負協が総会 創設4年で160社の規模に成長

社団法人全国請負化推進協議会(野々垣勝代表理事)は、10日、愛知県名古屋市の名古屋国際ホテルで、総会並びに創設4周年記念特別講演会を開催した。
テーマは「派遣法改正により2016年の人材派遣業界はどうなるのか?」。講師に立った野々垣代表理事は、創設4年で160社の会員規模にまでなってきた現状に感謝を表した。そして、「派遣法の改正で3年以上の派遣が禁止となり、8万社の派遣業が10分の1に淘汰されていくでしょう。しかし、未曽有の労働力不足は続く。これからは生産性向上のため、請負化が必須である。依頼する企業も、請負う業者も、働く人も3方が良くなる請負がこれからの主流となる。2018年には2000万人の請負労働市場が生まれる。これをチャンスに大いに発展して行こう」とエールを送り、懇親会となった。

特別講演を行う野々垣代表理事

特別講演を行う野々垣代表理事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">