政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


「顔の見える発電所」が企業に与える付加価値

みんな電力株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:大石英司)は小売電気事業者として、個人・法人のお客様に向け電力の小売事業を行う新電力だ。

産地や由来が明確な電力を届ける「顔の見える電力会社」という特徴をもつ。みんな電力ならではという「顔の見える発電所サービス」を選ぶことで、話題の「電力の地産地消」実現はもちろんのこと、ふるさと創生や地球環境への貢献、復興支援に過疎化問題を抱える地方自治体や市民団体を応援する取り組みを行う。

持続可能な電力を使うことは単なる電気代削減対策に留まらず、企業ブランド力の向上、顧客とのエンゲージメント向上、長期的な株価の上昇など多くの付加価値を企業にもたらすとしている。

海外ではApple、Googleなどの企業が持続可能な社会への企業責任として、工場、オフィスなどを再生可能エネルギーへ切り替えると表明している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">