政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


10月4日から、幕張メッセで
CEATEC JAPAN2016
情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ・山本正已会長)、電子情報技術産業協会(JEITA・東原敏昭会長)、コンピュータソフトウェア協会(CSAJ・荻原紀男会長)3団体が主催する「CEATEC JAPAN2016」は、10月4日(火)から10月7日(金)までの4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される。

今年のテーマは、CPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)をベースとした「つながる社会、共創する未来」。4年後の東京オリンピック・パラリンピックを意識した最先端のシステム・テクノロジーをアピールするという。今回から「CPS/IoT展示会」として生まれ変わり、出展社数550社以上、来場者15万人を超えるアジア最大の展示会をめざすという。