政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


鶴保庸介 (参議院議員)氏

鶴保庸介 (参議院議員)氏

今年30周年記念を迎えたET&IoTテクノロジー展の懇親会にIT戦略担当科学技術政策担当の大臣を務めている鶴保庸介(参議院議員)氏が挨拶に立った。

「昨年4月には組込みイノベーション議員連盟を河村先生らと立ち上げて、私は幹事長でもある。そして、「組込みシステムの新たな展開に向けて」とする政策提言もまとめた。

今度は、それらの司令塔と言うべき行政の立場にいる。世界はIoTをベースにインダストリー4.0などを提唱、ドイツはメルケル首相を先頭にIoTイノベーションを起こそうとしている。

わが国も負けてはいられない。現在、「ソサイエティ4.0」を打ち出し、ヘゲモニーやデファクトを取っていきたいと考えている。

とにかくオープンイノベーションによる横のつながりが非常に重要だ。今後の変化にどう対応するか、情報の共有が一番大事であり、IoT社会、日本のイノベーションを一緒に考え、立ち上げて行きたい」と述べた。

来場目標を超え、盛況だったET&IoTテクノロジー展2016

来場目標を超え、盛況だったET&IoTテクノロジー展2016

来場目標を超え、盛況だったET&IoTテクノロジー展2016

来場目標を超え、盛況だったET&IoTテクノロジー展2016