政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


日本のインフラ関連産業、弱点は知財 今後、わが国は鉄道や電力・ガス、通信などのインフラ産業のグローバル展開が見込まれている。グローバルに展開するには、知財でしっかり守られていることが前提であり、そこで初めて収益を上げることができる。 しかし、これらインフラ関連産業のグローバル特許出願率は極めて低く、本当に海外に出て収益を挙げられるのか、疑問の声が上がっている。 鉄道A社のグローバル出願率は0・8%、電力A社は同0・5%。通信A社にしても同4・1%。いずれもドメスティック・ユース・オンリーで収益を上げてきただけで、「知財に無防備で海外に出ていくと、システムは守れず、模倣し放題となる」。製薬や化学、機械メーカーなどはおしなべて40❘60%をグローバル出願し、世界と戦って勝ち抜いている。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">