政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


8億円、24件が採択される

経産省が進めていた「ロボット介護機器開発・導入促進事業」の24の採択事業者が決定した。申請のあった46件の開発補助事業のうち、24件を第1次採択事業として決定、また、ロボット介護機器実用化のための標準化等を行う「基準策定・評価事業」については、独立行政法人産業技術総合研究所(NEDO)を採択者として決定した。
 この事業は、高齢者の自立支援、介護実施者の負担軽減に資するロボット介護機器の開発・導入を促進するため、・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">