政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


世界で一番外国人に開かれた都市はロンドン

バーゼル(スイス)2013年6月27日PRN=共同JBN】ロンドンが一番、次いでニューヨーク、トロント、パリ、それにスイスの2都市、チューリヒとバーゼルが、国際的な定住外国人にとって最も開かれている都市であることがOPENCitiesの調査で分かった。
 ロンドンはいくつかの国際化指標(進出外国企業や大使館、定住外国人や観光客の数)に加え、すばらしいアクセスと通信連絡可能性で高度に国際化されているとして、最も開かれた都市と認定された。ロンドンは世界の中でも質の高い魅力的な教育施設も有している。ニューヨークは2位にランクされたが、主として入国審査の厳しさがマイナス評価された。
 トロントは入国時の障壁が大きくないことや、寛容な移民引き受け政策が評価された。最も開かれていない都市は中国の大都市、重慶だった。OPENCitiesは欧州の諸都市とグローバルな都市を特別なタイミングで比較調査している点で他に例をみない。都市が開かれている(オープンである)、ということを把握し、計測し、競争力と多様性の両面で重要なリンクを示している。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">