政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


共同JBN
ウェアラブルの人気上昇
QuickThoughts調査で判明

【シェルトン(米コネティカット州)2013年9月18日PRN=共同JBN】
 SSIの最新調査によると、今後2、3年以内にウェアラブル・テクノロジーの人気が主要市場で高まる。調査では、3人に1人が「大いに」か「ある程度」ウェアラブル端末を購入するつもりであると回答している。
 オーストラリア、フランス、ドイツ、日本、オランダ、英国、米国の7カ国の3600人以上がウェアラブル・コンピューター端末の将来ビジョンと関心について尋ねられた。どのウェアラブル・コンピューター端末に最も関心があるかとの問いに、第一選択肢として圧倒的多数の65%がリストバンドを挙げ、眼鏡が僅差の55%で続いた。
 SSIのクリス・ファニング社長兼最高経営責任者(CEO)は「今回の調査結果に興奮している。この調査は、回答者がSSI QuickThoughts(商標)モバイルアプリを使用するなどこれまで類を見なかったもので、市場調査モバイル・サンプリング、データ収集ソリューションの新タイプだ。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">