政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


~キャンパス内の恒常的な国際交流を促進し、海外留学に向けた支援を行うための場~

立教大学(総長:吉岡知哉)は、学内における国際交流および留学情報発信の拠点として、6月30日(月)、池袋キャンパスに「グローバルラウンジ」を開設した。今年10月に

は新座キャンパスにもグローバルラウンジを開設する予定。
グローバルラウンジには、専属の国際交流コーディネーターを配置し、基本的な留学情報の提供、留学先相談や留学計画支援など、学生が多様なプログラムから最適なものを選択できるよう、相談体制を強化するとともに、駐日公館や語学検定団体からの講師を招いた総合的な留学情報イベント等も開催する。また、日本人学生と留学生が相互に交流でき
るスペースとして、国際交流を促進するさまざまなイベントを行う予定。
同大学は、創立150周年(2024年)に向けた国際化戦略「Rikkyo Global 24」を今年5月に発表し、10年後までに、全学生が在学中に海外体験できる体制を実現するとともに、外国人留学生を現在の4倍の2,000人に増やすなど、「アジアを代表し、世界で際立つ大学」
になるための具体的な目標を掲げている。「グローバルラウンジ」はその一環として取
り組むプロジェクトの一つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">