政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


大下 英治 さん大下 英治 さん  作家

かの大宅壮一をして「現代日本人の中で、もっとも実験的、解剖学的に興味をそそる人格の一人」と言わしめた、右翼でフィクサーと言われた児玉誉士夫。その彼を追い求め続けている大下氏の闇秘録が面白い。
1944 年広島県生まれ。広島大学文学部仏文学科を卒業。大宅壮一マスコミ塾第七期生。『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋”として活躍。月刊『文藝春秋』に発表した『三越の女帝・竹久みちの野望と金脈』が大反響を呼び、三越・岡田社長退陣のきっかけとなった。1983年、作家として独立。政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルの執筆活動を続け、著書は400冊以上に及ぶ。

主な近書
『内閣官房長官秘録』 イースト新書 2014年
『児玉誉士夫 闇秘録』 イースト新書 2013年
『逆襲弁護士 河合弘之』  さくら舎 2013年
『巨頭 孫正義 ソフトバンク最強経営戦略』 イースト・プレス 2012年
『官僚』  飯島勲、大下英治 共著  青志社 2012年

http://chizai-tank.com/interview/interview201411.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">