政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


オムロン
バイオメディカル分野における創薬・製薬・臨床検査等の研究・開発の現場では、複雑かつデリケートな作業が人手により行われている。しかし、これらの手作業には個人差によるバラツキやミスのほか、劇薬や細菌等への接触の危険、長時間のルーチンワークにより本来の研究・開発業務に注力できないといった潜在的な課題が存在している。
オムロンが独立行政法人産業技術総合研究所 創薬分子プロファイリング研究センター様と共同開発したロボットシステムは、こうした危険な環境や長時間の手作業から研究者を解放する。また双腕ロボットを用いることで、人が従来から使っていた分析機器や容器等をそのまま使用することができる、柔軟性・拡張性の高いシステムになっている。さらに、ロボットが人手を超えた再現性で作業を行うことにより、非常に信頼性の高い実験データを生み出すことができる。

安川電機 バイオメディカル ロボット

安川電機 バイオメディカル ロボット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">